teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


中庭のある家が着工しました。

 投稿者:ISO設計室  投稿日:2016年 6月15日(水)08時17分51秒
  下記のHP内でブログとして紹介しています。

http://www.iso-sekkei.com/

 
 

大きな吹抜けの家が完成しました。

 投稿者:ISO設計室  投稿日:2015年 7月27日(月)08時52分27秒
  大きな吹抜けの家が完成しました。下記のHP内でまもなく完成写真を
UPする予定です。のぞいてみてください

http://www.iso-sekkei.com/

 

大きな吹抜けの家が工事着工しました。

 投稿者:ISO設計室  投稿日:2015年 2月 4日(水)08時40分32秒
  大きな吹抜けの家が工事着工しました。下記のHP内でブログとして紹介しています。
のぞいてみてください。

http://www.iso-sekkei.com/

 

改修工事ブログ

 投稿者:ISO設計室  投稿日:2014年 7月25日(金)09時01分54秒
  改修工事ですが、工事の様子を以下のHP内のブログに掲載しています。
改修工事ならではの面白さもあります。ダイジェストではありますがチェックしてみてください。

http://www.iso-sekkei.com/

 

新年度

 投稿者:ISO設計室  投稿日:2014年 4月24日(木)09時45分4秒
編集済
  まだまだ、都会では材料不足や職人不足で、工期は遅れたり、公共建物の入札は不調になってしまいます。住宅建設は、形式的に3月末で引き渡して完了工事としていますが、実際は残工事や手直し工事がまだまだあるようです。

今後、だんだんと落ち着いた頃、各メーカーも不足ぎみだった材料が出回るようになり価格見直しや、職人不足もゆっくりと解消されます。そうすると職人の質もあがりますし建物も品質もあがります。また、各補助金や助成制度があり、今からゆっくり、住宅の建築を考えたほうが得策かもしれませんね。

時間をかけながら進める家づくりは、CM分離発注のオープンシステム(イエヒト)が向いていますよ。

http://www.iso-sekkei.com/

 

ホームページ

 投稿者:ISO設計室  投稿日:2013年10月11日(金)19時40分21秒
編集済
  新しいホームページを作成しました。
まだまだ、内容は未完ですがチェックしてみてください。ホームにリンクがあります。
尚、この掲示板は従来通りに使用できますし、チェックしていますので、以前のようにどんなことでも書きこんでください。
新しいホームページはこちらです。

http://www.iso-sekkei.com/

 

問い合わせ

 投稿者:ISO  投稿日:2013年 7月 4日(木)08時40分15秒
  HPを新しく予定しておりますが、なかなか反映されません。
そこで、この掲示板はいつもチェックしておりますので
何なりとメッセージください。
 

現場発泡断熱材の考えです。

 投稿者:ISO  投稿日:2011年 9月16日(金)10時56分5秒
  下記質問について私なりの考えを書かせていただきます。

>作り付け風呂の場合以外は、内基礎断熱なんですね。

基礎の形状など熱橋となりやすい場合は、ユニットバスの場合も基礎外断熱を採用します。

>防蟻のこととコストバランスを考えればおのずとそうなりますよね。
>一方で個人的には、電気設備は使わない簡易的な地中熱活用構造
>が気になっていまして、外基礎断熱が良いのかな~とぼんやり考えていました。

防蟻対策は各メーカーいろいろありますので、神経質にならず
コストと内容、将来のメンテナンスで選定したらいいと思います。また、地熱利用はいいと思います。

>今回は、現場発泡樹脂系の断熱材についてのお伺いです。
>アイシネン、フォームライト、アキレスKH。。。最近ではゼロフロンERなるフェノールウレタン系とい>うのもあるようで。。
>どこまで気密がいるのか、透湿性はどう考えるか(ベーパーバリア層の要否含む)
>地震での変形に対する柔軟性はどこまで考えておくか、もちろんコスト
>など、考え方でどれを選ぶのか悩みそうです。

以前はアイシネンをよくつかっていました。最近はモコフォームなど木造住宅用製品を多くつかいます。現場発泡を採用したのは新壁構造の家をおおく手がけまして、断熱もさることながら気密性が取りやすいからです。(新壁の場合は気密シートの施工が困難です。)
住宅用発泡材は柔軟性があり変形に追従します。しかし製品によっては質問内容にふれてあるようにフラット35の防露の件で気密シートを張らなくてよい断熱(透湿抵抗比)にならない場合があるので施工上注意が必要です。

現場発泡はメリットが多くありますがデメリットもあります。(将来の解体時の分別処分など)
どんな断熱材をつかうかは、外断熱・内断熱も含め、材料や工法が氾濫しておりますので、
自分の考える家にあった、性能、金額で選定(相談)し、一つの機能や性能に惑わされないことが大切かと思います。

 

現場発泡断熱材

 投稿者:mato  投稿日:2011年 9月15日(木)23時28分28秒
  先日はメールでもやり取りさせてさせていただき、有難うございました。
先の質問への回答については、納得しました。

作り付け風呂の場合以外は、内基礎断熱なんですね。
防蟻のこととコストバランスを考えればおのずとそうなりますよね。

一方で個人的には、電気設備は使わない簡易的な地中熱活用構造
が気になっていまして、外基礎断熱が良いのかな~とぼんやり考えていました。
(しかしながら温暖化していることもあり、シロアリにはビビリが入ってしまいます、、
 どこまで手間・金かけるのか悩みそうです。。)


今回は、現場発泡樹脂系の断熱材についてのお伺いです。
この掲示板の初期にも投稿がありましたが。
ここ数年で、多くの業者がこの仕様を採用しだしたと感じています。
(栃木に引越してくる以前にも、自宅建築を真面目に検討していた時期がありました)
おそらく、高気密化が比較的容易なことが要因であると推測しています。
(セールスポイントにもしやすいでしょうし、、)

アイシネン、フォームライト、アキレスKH。。。最近ではゼロフロンERなるフェノールウレタン系というのもあるようで。。

どこまで気密がいるのか、透湿性はどう考えるか(ベーパーバリア層の要否含む)
地震での変形に対する柔軟性はどこまで考えておくか、もちろんコスト
など、考え方でどれを選ぶのか悩みそうです。

結構デリケートな状況なのかも知れませんが
差し障り無い範囲でかまいませんので
ISOさんのご意見をうかがわせていただければ幸いです。
宜しくお願い致します。
 

技術面での回答です。

 投稿者:ISO  投稿日:2011年 9月13日(火)09時23分2秒
編集済
  バイカーアパートをチェックしていただいたのですね。
ありがとうございます。

> ①ガラス庇は冬に明るく温かそうですね!
>  一方、夏の日差しについてはキビシイかと・・何か対処されていますか?

通常、日本の緯度から太陽の高度を考慮しますと庇の出は60cm~90cmが適しております。
硝子で庇を作場合でも、日陰部分(通常の庇日部分)を60cmほど確保し、先端を硝子にしております。
その為、部屋への日射には影響なく、ベランダが明るく、雨がかりがありません。

> ②樹脂?のグレーチング床ですが、下の階への明かり採りにとても良さそうで
> す。
>  これは人が歩ける強度がありますか?
>  単体で強度不足するようでしたら、補強案はありますか?

人が乗っても強度は十分です。
問題はありません。荷重により製品が選べます。

> ③基礎断熱について
>  過去の「現場日誌」で、基礎断熱は内/外の両方採用されている(た)と見ま
> した。
>  今はどちらを採用していますか?
>  また、あわせてシロアリ対策もいかがされていますか?
> (外基礎断熱が気になっていますが、食害で蟻道作られないかが不安です)

浴室がユニットバスタイプの場合の家は基礎内断熱ができます。
また、浴室を造りつけ(タイルや石、木張仕上げ)の場合は基礎外断熱にしています。
その場合のシロアリ対策については防蟻断熱材を採用しております。

以上です。
またなにかございましたら書き込みください。
 

レンタル掲示板
/5