投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


梅雨(@_@)の晴れ間に

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月16日(水)21時39分10秒
返信・引用
 
昨日は雨に邪魔されながらも午後7時前に
本照寺檀家さんの棚経(お盆供養)を終えることができました。
 
今日も梅雨のような天気で(*_*)。
すっかり忘れていた納税に気付き、
1ヶ月以上遅れて鰍沢税務署へ。
心配した延滞税は無く(後日請求される?)、
納めて来ました。
 
夕方やっと雨が上がったので、
本照寺歴代、妙蓮寺歴代、常慶寺歴代、
それぞれの廟墓とウチのお墓を家族で墓参。
雨に邪魔されたので円応寺廟墓は明日となりますが、
今年もお陰様で無事に、後片付けを残し、
お盆最終日を終えることができました。
 

円応寺、妙蓮寺、常慶寺

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月14日(月)21時58分31秒
返信・引用
 
午前中は円応寺にてお盆法要と臨時総会。
午後は妙蓮寺お盆法要と常慶寺等檀家さんの棚経。
 
午前中の総会では庫裡の改修について協議が行われ、
結論は持ち越しになりました。
反対意見は負の遺産(庫裡)は残すべきでは無いとか、
庫裡は解体し、お勝手だけを取り付ける等のことでした。
信仰心の深浅による価値観の違いでしょうか、
地方も都会並みに難しい世の中です。
 
妙蓮寺での法要は蘇った常什釈尊涅槃図を掲げて、
ご先祖様にお盆の供養を捧げることができました。
綺麗に修復された涅槃図に、
参拝者は見入っていました。
 
夕方からは常慶寺と一部本照寺檀家さんの棚経。
雨に邪魔されずバイクで廻ることができ、
本日の予定は無事に終了することができました。
 

棚経の始まり

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月12日(土)21時01分25秒
返信・引用
 
今年も今日の午後から廻り始めました。
数は多くないのですが、
一戸一戸が離れているので今日から始めないと、
間に合いませんので、それぞれ了解を得て廻っています。
 
軽トラの中はクーラーを入れてもサウナ状態(>_<)。
そんな暑さの中、笛吹川沿いの道では、
人力車(客は乗っていませんが)を引いて走る人が(@_@)。
「秋田放送?」とかのロゴが目に入りましたが、
東北から来たのでしょうか(?_?)。
この暑い最中、何故人力車なのか?、
私の想像を超えた光景でした(^_^;)。
 
4時過ぎ頃は夕立もあり幾らか涼しく、
お陰様で今日のところは無事終了となりました。
 

霊山からの手紙

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月12日(土)09時23分15秒
返信・引用
 
お盆をまえに群馬県の方から御礼の手紙が届きました。
先代住職の御祈祷のお陰で癌が治り、
80過ぎまで命をいただいていることや、
平癒御礼に本照寺にお参りしたことなどが、
認められていました。
併せて、先代住職が書いた参拝お礼状が、
同封されていました。
 
親父とは落ち着いて話しをしたことがなかった私ですので、
同封のお礼状から親父の幼少の時の苦労を知ることができました。
お盆を前に、また今年7回忌を迎える親父が、
よこした手紙でしょうか?
「まだ、まだ苦労が足りない!!」と言っているようで・・・・(-_-;)。
 

竹原ピストルさん

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月10日(木)20時35分4秒
返信・引用
 
今日も外へは出たくない暑さ(-_-;)、
そんな暑さの中でも雑草は平気で伸びて、
刈り払い機を持って雑草との格闘に汗しました。
 
鹿島では総代さん方が寺の内外を清掃奉仕、
ご苦労様でした<(_ _)>。
清掃された本堂に卒塔婆を持ち込み、
お盆法要の準備。
 
昨夕は生まれて初めてライブハウスというものに
家族に連れられて行って来ました(^_^;)。
甲府CONVICTIONで行われた竹原ピストルさんのライブ。
15平米くらいの広さかと思いますが、
定員は立ち聴き350人(@_@)だそうです。
2時間余り声と汗を振り絞り歌い続ける姿に、
聴いてる私も喉がかれそうでした。
長時間声を出すという作業は、
我々の行堂でも同じで肉体労働です。
還暦過ぎて良い経験をさせていただきましたm(_ _)m。
 

こけつまろびつ

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月 8日(火)16時03分55秒
返信・引用
 
一応、依頼のあった卒塔婆は、
こけつまろびつの筆の走りではありましたが、
書き終えることができました。
 
妙蓮寺分の卒塔婆も書き終え、
お盆法要の下準備と言うことで、
100年ぶりに蘇った釈尊涅槃図を、
本堂に吊してみました。
当日は檀家の皆さんに、
焼香して拝んでいただく予定です。
 

花火大会も明日に

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月 7日(月)20時52分3秒
返信・引用
 
今日は台風の影響で午後から
断続的に強くなったり弱くなったりの雨模様、
神明の花火も明日になったようです。
台風の被害の無いことを祈ります。
 
終日、卒塔婆に筆を走らせていました。
スムースな走りであれば良いのですが、
いつになってもなかなか上手くいきません。
 

平熱で(@_@)

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月 6日(日)18時12分9秒
返信・引用
 
この辺りも体温と同じくらいの気温で、
そんな中、妙蓮寺檀家の皆さん清掃・除草作業ご苦労様でした。
身体でお題目を唱えていただきありがとうございます。
奉仕の皆さんのご先祖様も感謝申し上げています。
 
私はそれを横目で見ながら、
本照寺境内地に除草剤散布。
 
今朝、鹿島に巡礼に行った折、
切子灯籠を吊るして来ました。
今夜から灯籠が本堂前を照らすと思います。
 

卒塔婆書き

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月 5日(土)20時08分48秒
返信・引用
 
午前中は常慶寺檀家さんの年回法要。
お墓参りも墓地を風が吹き抜け、
思ったよりも暑くはなく、
無事に終えることができました。
 
午後からはお盆法要の卒塔婆書き。
自然の風しかないところで筆を動かすのは、
かなり辛いものがあります。
 
忘れないうちに(^_^;)、
本照寺の切子灯籠は早速吊るしました。
 

円応寺切子灯籠

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月 4日(金)20時48分21秒
返信・引用
 
昨日の続きで今日は円応寺切子灯籠に
プラスチック障子紙を貼る。
昨日必要な紙は切り出しておいたので、
加えて貼る要領もつかんで、
今日は半日余りで完成しました(^_^)v。
 
最初に植えたモクレンは枯れてしまったと思い、
もう1本別に植えたモクレンですが、
猪のイタズラか(?_?)根元が掘られ、
木は青葉が枯れて倒れていました。
折角根付いたところを何でだろう(根を食う???)。
酷いことをする奴です(;_;)。
掘り出されてかなり経過していると思いますが、
かわいそうなのでお題目を唱えながら、
また植えておきました。
もう1本のように蘇ってくれれば良いのですがm(_ _)m。
 

切子灯籠の張り替え

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月 3日(木)20時32分32秒
返信・引用
 
今まで普通の障子紙を貼っていましたが、
(もっとも私は今回が初体験)
今回はホームセンターで見つけてきた
プラスチック障子紙を貼ってみました。
切子灯籠の正三角形の部分は、
3次元なので貼るのに苦労しましたが、
徐々に慣れてきて遠目(>_<)見た目に
そこそこ綺麗に貼れました。
ちょっとやそっとでは破れないのと、
飛んで火に入る夏の虫の汚れも水拭きで取れそうなのが、
良いところです。
ただ、両面テープの粘着力がいつまで保つのか(?_?)、
それが心配ですが(-_-;)、
今年は綺麗な切子灯籠で諸霊を迎えられそうです(^_^)v。
 
そうそう、小山君は今日も清掃奉仕にm(_ _)m。
連日来てくれるので本当に助かります、
お陰様で私は他のことに手を回せることができます。
寺男1が私で、寺男2は小山君ですね(^_^;)。
 

遅ればせながらページ追加

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 8月 1日(火)22時04分26秒
返信・引用
 
去年5月22日に行われた、
除厄七面大明神大祭並び屋根替え落慶奉告供養の様子を
「絵で見る落慶奉告」と題し追加しました。
HPメニューの一番下にあります。
 
なお、DIONのページ(今までのURL)に行っても、
今回リダイレクト機能を登録しましたので、
自動で新しいHPへ飛んでいきます(^_^)v。
 

割石への道

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 7月31日(月)21時25分6秒
返信・引用
 
割石山にある寺有林の下草の状態を見に、
刈り払い機を担いで行って来ました。
毎年8月に世話人さんと下草刈りに出向く道ですが、
今年も草ボウボウで刈ながら現場まで。
たどり着くと下草は殆どありませんでした。
今年は登らなくても良いかもしれません。
ただ、下草だけ刈っても
材木としての使い道があるのかは?です。
 
下山して汗かきついでに、
渡辺家墓所の植木と本堂前庭の植木に
バリカンを当てお盆を迎える準備。
 

移転はほぼ完了

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 7月30日(日)21時11分8秒
返信・引用
 
昨日と今日でHPの移転作業をほぼ終えました。
古くなったページは徐々に更新していく予定ですが、
6年も経つとソフトの使用方法を忘れてしまい(-_-;)、
更新もままなりません(*_*)。
現在は古いHPと新しい?HPが共存していますが、
古いHPは10月に自然消滅してしまいます。
「今月の言葉」等は、
古いHPの方は更新しませんので、
御了承下さいm(_ _)m。
 
新しいHPの住所は↓
 
モニターと睨めっこでは肩が張るので、
休憩も兼ね万灯講通信を配布(^_^)/。
 

帰ってきたアオバズク

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 7月28日(金)21時23分33秒
返信・引用
 
昨日まで2日間、府中でのお手伝いでした。
今朝は北杜市の臨済宗妙心寺派のお寺に御回向に。
大学時代の友達ですが、
昨日母堂さんの葬儀でしたが伺えず今日となりました。
臨済宗のお経は知りませんので、
日蓮宗の法式で御回向申し上げ、
その後は久しぶりの再会でしたので、
世間話やら臨済宗の現状をうかがいました。
臨済宗でも地方寺院は当宗と同じようで、
代務寺院の数が増加しているようです。
過疎と高齢化の波は宗派を問わず、
田舎の寺院には押し寄せているようです。
 
午後からは多少風もあったので、
刈り払い機を持って除草作業。
午前中伺ったお寺でも、
住職自ら植木の手入れはしているそうです。
ただ彼の場合は、北杜市役所を定年となり、
その後は別の職を手伝っているとのことで、
私ほどではないとのことでした。
 
アオバズクが今朝は定位置に。
最初は親鳥だけでしたが、
その後に子供も2羽定位置に止まっていました。
万灯講の出発がうるさかったのか?
その後、姿が見えなく寂しかったのですが、
4日ぶりに観るモコモコの子供の姿は、
相変わらずかわいいものでした。
何れはその姿も観られなくなるのでしょうが・・・。
 

汗びっしょりの万灯講

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 7月25日(火)10時28分29秒
返信・引用
 
昨夕は、小笠原・久成寺さんの四六菩薩祭典へ、
万灯講と共に出仕。
今回、私は万灯を振ることはなかったのですが、
太鼓と笛で参加。
それでも汗はビッショリ(^_^;)、
心の垢もお題目の汗で少しは流れ落ちたかも(?_?)。
暑い中、それぞれに頑張っていただき有難うございました<(_ _)>。
 

巣立ち?

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 7月25日(火)10時17分48秒
返信・引用
 
アオバズクの子供は昨日2羽確認できました(^_^)v。
モコモコした羽の子供は親鳥と共に大杉の枝に止まっていました。
卵は3個あったのですが、確認できた子供は2羽だけでした。
夕方は万灯講出仕のため忙しく、
出かけた後に巣から最後の1羽も巣立ったのかもしれません(?_?)。
ただ、今朝はもう大杉に止まっている姿はありませんでしたので、
親と共に人生(鳥生)の荒波に旅立ったのかと思います。
毎日観えた、精悍で一寸愛嬌のある顔が見えないと寂しいものです(-_-;)。
 

本照寺他移転問題(@_@)

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 7月23日(日)16時43分57秒
返信・引用
 
10月までにHPを移転しなくてはならなくなりました。
今まで無償でホームページ公開サービスをしていたプロバイダーですが、
このサービスが無くなってしまいます。
なるべく安価な移転先を探していましたが、
なかなかありません。
月額900円のレンタルサーバーで妥協して、
エックスサーバーと言うところに移転先を見つけました。
 
ほぼ6年経ちページも古くなり、
改修工事もしなければと思うのですが、
ソフトの使用法は既に忘却の彼方で(*_*)、
加えてブラウザも新しくなり、
いつリニューアルできるか(?_?)。
 
ただ、掲示板の方はプロバイダーとは無関係なので、
このまま利用可能だと思います。
取り敢えずHPの移転先は↓です。
 

妙とは蘇生の

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 7月21日(金)18時06分10秒
返信・引用
 
改修後キツツキにまたしても穴をあけられた本堂北側の板壁ですが、
護持会長の丹澤さんが穴を補修して下さいました。
またキツツキにやられたら嫌ですので、
発注した五色幕が来るまで鳥の嫌がるらしい?磁石等を吊して置きました。
効果があれば良いのですが(?_?)。
 
円応寺から妙蓮寺、妙蓮寺から本照寺と除草剤を散布していると、
春に植樹し枯れてしまったと思われていたモクレンですが、
根っこに近い方から青葉が出ていました(^_^)v。
枯れたと思ったときは悔しいので抜いてしまおうかと思いましたが、
「それでも・・・」と思い抜かずにいて、
蘇ってくれました(^O^)。
このまま育ってくれれば良いのですが、南無妙法蓮華経<(_ _)>。
 
アオバズク、今日は高い方の枝に終日止まっています。
こちらが雄だと思うのですが(?_?)。
 

アオバズクのその後

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 7月20日(木)18時32分21秒
返信・引用
 
昨日午後から小淵沢まで出かけ、
清里を回って今日の正午過ぎに戻って来ました。
さすがに八ヶ岳周辺は暑さも下界ほどではありませんでした(^-^)。
ただ、清里駅の周辺は寂れて閑散として、
昔観た賑やかさは夢幻の感じでした。
 
どうやらアオバズクは雌雄交代で巣を見護っているようですが、
雌雄の区別は判然としません(^_^;)。
ただ、止まる枝が雌雄で違うようで、
雌?の方が下の枝、雄?の方が上の枝みたいです。
それぞれに定位置があるようですが(?_?)。
 

/74