teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(2)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


7月2日の配布物準備

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月28日(水)16時21分44秒
返信・引用
 
2日に行う境内地除草作業終了時に配布できるよう、
「本照寺たより」を印刷し、他のものと各地区毎に袋詰め作業。
 
鉢植えで貰ったユリですが、
奥さんが咲いた後、花壇に移植しておいたそうです。
今年は立派な茎に大輪を咲かせました。
この辺りの土は球根ものには、相性が良いみたいです。
 
 

昨日のお粗末君

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月27日(火)21時29分49秒
返信・引用
 
今日は何もなければ浜松で会議でしたが、
所用ができてしまい済ませてから向かうと、
車でも電車でも時間に間に合わず、
結局欠席とさせていただきました。
会議は今年9月開催の全国修法師懇話会山静教区静岡大会の打合せでした。
 
↓画像は昨日剪定(?_?)した松です(^_^;)。
 

松2本

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月26日(月)21時15分28秒
返信・引用
 
昨日は朝から一日、お坊さんでした。
本照寺客殿での年回法要、
施主宅へ出向いての尽七日忌法要。
午後からは円応寺本堂での年回法要でした。
何れも雨が心配されましたが、
お陰様で墓参も邪魔されることなくできました。
各参拝の皆さん読経、唱題ご苦労様でした、
この善根功徳はそれぞれに還ってくるものと思います。
 
妙蓮寺のたよりの下書きをしながら、
頭が硬直してくると気分転換に松の剪定(@_@)。
客殿前の松ですが、だんだん面倒になって適当に剪定(?_?)、
きっとプロが見たらお粗末(松)君でしょうね(-_-;)。
「先代住職・親父が後々のことを考えて植えていれば」と
愚痴を言っても始まりません(>_<)。
3本目は大きいので未完成なお粗末、
また時間のあるときに。
 

妙蓮寺七面大明神祭典

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月24日(土)17時22分57秒
返信・引用
 
午前中に総代さん方で準備し、
午後に集まった檀家さんと共に、
今日は神力偈を読み立正安国論を拝読。
最後にお題目を唱え、
七面大明神様の法楽荘厳を祈念申し上げました。
今年は参拝者が少なく、ちょっと寂しい祭典となりました。
 
祭りのあとは農作業(^_^;)。
ジャガイモ掘りに精を出しました。
雨が少なかったので粒の小さいジャガイモばかり(-_-;)。
 
昨日悩んで仕方なく初期状態に戻してしまったノートPCですが、
今日出た?修正プログラムを当てたところ使えるようになりました(^_^;)。
過去にも1度そんなことがあったような(?_?)。
焦って色々したのは無駄骨(-_-;)で、
加えて初期状態にしてしまったので、
全てのアプリを再インスト、手間のかかること(@_@)この上なし。
 

使えなくなったアプリ(-_-;)

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月23日(金)21時08分14秒
返信・引用
 
昨日今日は御遺文の勉強を少々(^_^;)。
法事の折に檀信徒方と拝読する御遺文を、
レパートリーが少ないので、
分かりやすいものを2、3追加。
 
ノートPCも利用してこの作業をしていたのですが、
肝心の檀信徒データアプリが急にエラーを吐いて(-_-;)。
元々WIN10対応のアプリ(XP時代のものだったと?)ではないのですが、
だましだまし使っていたもので、
自動更新でUpdateが行われたため利用できなくなったのかもしれません(?_?)。
取り敢えず32bitと64bitでもUpdateしてないものは利用できているので、
法事の資料作りは間に合いましたが(^_^;)。
 
半日からかって原因究明しましたが、
未だに不明(@_@)。
次の元号には対応していないので、
何れ別なアプリを見つけデータを始めから入力しなければなりませんが。
 

第53回全国修法師会連合会代表者会議

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月21日(水)18時06分20秒
返信・引用
 
東京池上にある宗務院にて昨日から今日の昼頃まで
代表者会議が開催されました。
28年度の事業・会計報告、29年度事業計画・予算等が
協議され、承認されました。
また傳師部より28年度加行所の報告。
本年度入行予定者数(初行から参籠まで69名)と
来年は大阪にて(6/12.13)開催されることが、
事務局より報告されました。
 

松の剪定

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月19日(月)17時40分10秒
返信・引用
 
畑に生える梅、洋梨、林檎等のボサボサ頭を剪定し、
見るに見かねて松に挑戦。
山門付近にある松2本を剪定しました。
剪定方法をネットでググって、
見よう見まね?で適当に剪定、まあいいか(^_^;)。
 
山門脇の道路を登ると今までは木が目につきましたが、
過日の伐採等のお陰で登り始めると、
山門、鐘楼堂、本堂が目に飛び込んで来るようになりました(^_^)v。
 

大きな盃

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月19日(月)17時25分48秒
返信・引用
 
梅雨空に似合う花が泰山木の花だそうですが、
梅雨入りが変更になるとか(@_@)。
 
山門前にある泰山木は、
ギラギラ太陽の夏空のもとでも泰然自若と咲いています。
花が大きな盃に見えるところから大盃木、
それがしだいに泰山木になったとも(?_?)。
 

芝キープ

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月18日(日)17時56分6秒
返信・引用
 
今夜は雨が降るのでしょうか(?_?)、
農作物には雨が欲しいところです。
ジャガイモも芋が小さいまま茎は枯れて(*_*)、
法事での話題も空梅雨のことが、
お墓参りには都合が良かったのですが。
 
客殿裏の駐車場兼ドッグランの芝ですが、
刈払機で除草してもまた雑草がしっかり生えて、
今回は試しに画像↓の除草剤を撒いてみました。
効果があれば良いのですが、
このままだと芝より雑草の方が多くなりそうです(-_-;)。
なお、↓除草剤の宣伝料は貰っていません(^_^;)。
 

網戸の修理

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月17日(土)22時13分48秒
返信・引用
 
午前中は客殿での年回法要。
福生等からはるばる当山までご苦労様でした。
懐かしい声でのお経やお題目の供養で、
3回忌を迎えた霊位も満足されたことと思います。
 
以前は網戸の修理屋さんが、
この辺りへも来てましたが、最近は耳にしません。
破れ障子ならぬ破れ網戸となって気になってはいましたが、
なかなか手が回らなく、
やっと修理することができました(^_^)v。
 

梅雨明け(?_?)

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月16日(金)21時32分47秒
返信・引用
 
毎日梅雨明けしたかのような天気で(@_@)、
今日も少し動くと汗が噴き出すような暑さ。
いつまで「梅雨明け」は続くのでしょう(?_?)、
畑の作物も水不足で、水やりが大変です。
 
法務から帰山すると玄関に、
過日、県に提出した屋外看板許可申請の副書類と
屋外広告物許可済の証が置いてありました。
早速、県合同庁舎の都市計画担当の方へ御礼の電話を入れ、
無事に受領したことを報告しておきました。
 

万灯講例会

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月15日(木)22時44分58秒
返信・引用
 
午前中は「本照寺のたより」の原稿をちょっと、
午後からは客殿と回廊の間の庭の手入れ。
 
夜は万灯講例会でした。
花作りをして身延山お会式と納涼会等に関して協議。
何れも可能な限り肉体的負担を軽減する方向で、
参加実施することが一応決められました。
 

大杉枯れ枝伐採

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月14日(水)20時42分55秒
返信・引用
 
今日も丹澤修三さん上田光輝さんに奉仕いただいて、
大杉の枯れ枝等伐採。
 
前回よりも高く伸びる高所作業車に載って、
大杉2本の枯れ枝を伐採。
加えて大杉の周りにあった3本の杉と桧も、
将来のことを考え伐採しました。
 
昼休みに上田さん指導の下、
高所作業車を運転し左側の大杉の枯れ枝を伐採していると、
杉の木から大きな鳥が飛び出して来ました。
飛び出した辺りを観ると、
幹にポケットの様な洞があり卵が3つ、
どうやらチェーンソーの音でビックリして飛び出したようです(?_?)。
その後、仕事が終わるまで近くの木で様子を見ていましたが、
夕方には騒音も止んで巣に戻る姿が確認されました。
 
フクロウ(不苦労)かと思いますが(?_?)、
驚かせてごめんm(_ _)m。
しっかり卵を温めて子供を育てて下さい、
南無妙法蓮華経。
 

総代会と読誦会

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月13日(火)21時41分46秒
返信・引用
 
午前中は昨日に続いて松を除いた客殿前庭木の手入れ。
 
午後からは円応寺総代会。
主に庫裡の改修工事に関して協議され、
総代会としては屋根以外の改修工事を行い、
基金残金(490万)でこれを賄うことに決定。
今年のお盆法要のあとに臨時総会を開催し、
檀家一同にこれを諮ることとなりました。
 
夜は修法師会の読誦会。
今回は今年入行予定の方も見え、
総勢6名でお経をあげました。
 

割石の看板

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月12日(月)20時51分1秒
返信・引用
 
昨日までの二日間は府中にて書き物。
1ヶ月もするとお盆、
お盆用の卒塔婆書きを主に。
 
今朝は掃除に来てくれている小山君と、
点検を兼ねて割石の看板掃除。
雑巾がけで看板の汚れはほぼ取れました。
県へ提出する書類用に写真に撮って帰山。
 
小山君は相変わらず清掃奉仕に精進してくれていますm(_ _)m。
 
午前中は書類(収入証紙、写真等、全部で9枚)を2部作成し、
屋外看板許可申請を県に提出してきました。
看板自体の許可申請は2年ごとで、
道路の法面に立っているので、これの占有許可が5年ごと。
来年がこれの更新時期に当たります。
小っちゃい看板ですが、手続きが煩雑で(-_-;)大変。
 
午後からは客殿前の庭木の手入れ。
松が3本ほどありますが、
バリカンでは無理なので後回しです(^_^;)。
 

引き続き庭木の手入れ

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月 9日(金)19時34分53秒
返信・引用
 
今日も暑かったけど鐘楼堂周りから、
山門周辺までのボサボサ頭を、
大雑把に手入れ。
 
ヘッジトリマーで刈っていると、
やなせたかしさんの「手のひらを太陽に」、
「みんな みんな生きているんだ♪♪♪」の一節が、
頭に浮かんできました。
 

チェーンソーからヘッジトリマー

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月 8日(木)20時45分34秒
返信・引用
 
昨日は雨が降り出すまで本堂周辺の除草作業。
 
チェーンソーから刈り払い機に持ち替えた手を、
今日は刈り払い機からヘッジトリマーに持ち替え、
ボサボサ頭の植木の手入れ。
今年は毛虫等がいないので助かります。
 
欅が倒れたときに痛めたアスファルトですが、
石屋さんに頼んで早速補修して貰いました。
 
栴檀の木の下に置いた欅と残った切り株は
10、11日に取りに来てくれるそうです。
本照寺を何百年も見護ってきた欅は、
木鉦に生まれ変わり成佛してくれるものと思います。
草木国土悉皆成佛(涅槃経)南無妙法蓮華経。
 

欅伐採 PART2

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月 6日(火)17時44分34秒
返信・引用
 
枝を切り落とした欅にワイヤーをかけて、
根元から伐採の作業。
 
上田さん運転の高所作業車で欅の上部にワイヤーをかけ、
チリホールで私がワイヤーを引っ張りながら、
山師・大村さんが石垣を壊さぬ高さを見定めて、
チェーンソーの刃を根元に入れていき、
お題目を唱えながらチリホールでワイヤーを巻き上げ、
大欅は無事に道路に倒れてくれました。
 
太い幹以外は細かく伐採して廃棄処分、
太い処は身延の木鉦屋さんが持っていってくれることになりました。
 
お陰様で道路端のアスファルトが多少傷んだ(後日補修予定)だけで、
無事に伐採作業は終了致しました。
佛祖三宝・諸天善神等の加護と、
奉仕して下さった丹澤さん上田さん、
また伐採にあたった山師の大村さんに感謝申し上げます、
南無妙法蓮華経。
 

欅伐採

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月 5日(月)16時55分8秒
返信・引用
 
今日は予定通りに欅の伐採作業。
檀家の上田さんは高所作業車の運転、
護持会長の丹澤さんは私と下で、
伐採された枝の片付けと2人に手伝っていただいて、
今日の分は無事に終了しました。
明日は愈々、幹の伐採となります。
 
千葉製作所の屋根屋さんが来山し、
渡り廊下の屋根を補修して下さいました。
雨が降ってみないと結果は分かりませんが。
 

降神観とは

 投稿者:寺男  投稿日:2017年 6月 4日(日)20時34分25秒
返信・引用
 
今日は割石トンネル手前の宝塔廻りに除草剤散布と
明日から伐採予定の欅、これを利用して配線している
万灯講倉庫までのケーブル取り外し作業。
歳とともに高所が怖く^^;なって、
それでも無事にはずすことができました。
 
昨日まで(正確には今日の午前1時帰宅です(^_^;))
機会があって2泊3日の強行軍で四国、
4県を周遊して来ました。
徳島空港に降り立ち、まず鳴門公園、高知に移動して桂浜、高知城。
次の日は四万十川、愛媛に移って砥部焼窯、道後温泉。
最終日は松山城から香川に移動して金比羅さん、徳島空港から羽田空港まで。
四国内は大型バスにて移動、疲れました(-_-;)。
それにしても年配のバスガイドさんの博識には、
感心させられました<(_ _)>。
 
金比羅さんは海の守り神として信仰を集めていますが、
本宮は大物主神と崇徳天皇が祀られているそうです。
気になったのは途中の旭社(神仏分離前は?金堂)。
ここには天照太神(日蓮宗の御本尊にも祀られる)や、
八百万の神が祀られているそうです。
そのお堂に掲げられている扁額「降神観」
(清国第一級の書家として知られる王文治の筆と)
ですが、ちょっと意味が(?_?)で、
ネットで検索すると「神を降ろす観音」であろうと、
一つだけ見つかりました。
 
浅学非才の私が思うには、
「神が降りて来た様に観える、尊い処」と言う意味では、
と考えますが(^_^;)、如何でしょう。
 

レンタル掲示板
/72