teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


あっ

 投稿者:吉田嬢二  投稿日:2004年10月 2日(土)00時11分19秒
  こんなに長い間チェックしてなかったかな。放置してしまい、すみません。

手遅れになっているとしたら、
生きる姿勢のような部分で既に致命傷を負っているのかな、と思います。

あんまり無駄口叩かず頑張ります。書き込みありがとうございました。
 
 

!!

 投稿者:456  投稿日:2004年 9月18日(土)19時35分30秒
  HP拝見しました。
自分は吉田さんになにも言うべき言葉はないのですが、
同時代にいきる若者として一言。

手遅れになる前に



頑張れ。
 

(無題)

 投稿者:通りすがり・・・  投稿日:2004年 8月17日(火)12時51分35秒
 
>「あの人」から伝え聞いた範囲では、新宿オニごっこ(の一部)に好意的な御意見を
>くれたとの事で、ちょっぴり舞い上がった記憶があります。

今、地方に来ておりまして、電池が切れそうなPCでチルさんの掲示板に来ました。

>しゃべりすぎと言われて「きついなぁ」と感じるわけでもないですし、
>ありがたく受け取っておこうと思います。

先輩面した言い方になってしまいましたが、これは自戒の念を込めて、言ったので、チルさんに、というよりは私自身に言ったと言えると思います。すみません、ごっちゃにしちゃって。


>ひとつ言い訳をさせていただけば、この掲示板で自分が書き込んでいる内容は
>書き込まれた質問に対する回答がほとんどなので
>掲示板のログを全て閲覧した上で参加不参加を判断してほしい、というわけでは
>ありません。

あ、掲示板ではなくて、K*SSの趣旨についてのページです。あの辺は口頭で言っても、なかなか理解してもらえない範疇かなと思います。監督の意図を伝えるのって、そうとう大変だなぁといつも感じます。

>たしかに掲示板では、無駄に語ってます。
>質問に対する回答として不足がないよう、必死になっています。

僕は大変だから、自分のページでは掲示板やらないんですよ(笑


>人を集める方法については、
>「所詮は自主映画なんだから…」と小さくならないようにしたいな、とは思っています。

そうですね。最初から小さい規模で想定してると、それ以下にしかならないことが多いですからね。


>そもそもシナリオが厄介なので、苦労は承知の上です。
>苦労をキャスト・スタッフに背負わせてしまうのは避けないといけませんが。

道は一つではないですからね。試行錯誤して頑張りましょう!
 

なんとも

 投稿者:吉田嬢二メール  投稿日:2004年 8月17日(火)02時36分45秒
  返信が遅くなってスミマセン。
「あの人」から伝え聞いた範囲では、新宿オニごっこ(の一部)に好意的な御意見をくれたとの事で、
ちょっぴり舞い上がった記憶があります。

しゃべりすぎと言われて
「きついなぁ」と感じるわけでもないですし、ありがたく受け取っておこうと思います。

ひとつ言い訳をさせていただけば、この掲示板で自分が書き込んでいる内容は
書き込まれた質問に対する回答がほとんどなので
掲示板のログを全て閲覧した上で参加不参加を判断してほしい、というわけではありません。

たしかに掲示板では、無駄に語ってます。
質問に対する回答として不足がないよう、必死になっています。

人を集める方法については、
「所詮は自主映画なんだから…」と小さくならないようにしたいな、とは思っています。
そもそもシナリオが厄介なので、苦労は承知の上です。
苦労をキャスト・スタッフに背負わせてしまうのは避けないといけませんが。

どうもありがとうございました。なんとか頑張ります。
 

 投稿者:通りすがり・・・  投稿日:2004年 8月12日(木)10時41分21秒
  ちょっときつい言い方に聞こえたかと思いますが、このHPをみた人の多くがそう感じるんじゃないかなと、思ったので敢えて書かせていただきました。
失礼いたしました。
 

初めまして。

 投稿者:通りすがり・・・  投稿日:2004年 8月12日(木)10時35分29秒
  チルさん、初めまして。

チルさんの映画に出演してた女優さんに、私の映画に、きれいな子でないと出来ないエキストラで出ていただいた際に、チルさんの作品を見せていただいた者です。

たまたま、作品を見てこちらのBBSに来たのですが、ここまでしっかりした考えのある方ですから、良い物にいてほしいです。

それでアドバイスというのもおこがましいので、感想だけ言わせていただくと、全体的に、感じるのは、「しゃべりすぎ」ということです。

チルさんはまだ若いですから、作品数も少ないでしょうし、まだ何かの受賞経験も無いようですから、ネットで募集してもあまりこれと言った成果がでないのではないでしょうか?

まず、スタッフ・キャストは知人レベルから当たっていくのが、妥当だと思います。
キャストで、「こいつ使いたい!」という人がいたら、その自主映画の監督なり、なんなりにあらゆる方法でアポを取って、キャストを紹介してもらうと言う風にすれば、いいと思います。

 

返信

 投稿者:やまきょ  投稿日:2004年 7月31日(土)15時43分3秒
  私信なので短めに。

彼とは切磋琢磨していく間柄で、仲間でもあり、敵でもあります。
同い年だし、本来なら叩き潰しておくべきなのですが、あいにくぼくはそういうしょうもないことは嫌いです。
だから求められれば手助けしますが、それもぼくの出来る範囲に限られます。
それは吉田君だからということではなく、他の誰でも同じです。そこはぼくの信念というか、野心もあります。
ぼくはまだぺーぺーですから偉そうなことはいえませんが、それでも吉田君は気を使うかも知れませんし、
船頭が二人になるのはもっとよくないと思ってます。
それは数々の自主映画で見てきた答えです。
アドバイスがいつしか指示になり主張になり、現場を乱していくなんてのは無様としかいいようがなく、カッコ悪いッス。
まあぼくを利用してもらうのは全然構わないのですけど、まだそんなに有名でもないし実績もまだないと思います。
それでも効果あると思うのだったら、ぼくの名前は自由に使ってもらっていいとは思ってます。
でもそれは見た目の問題で、実際にできるのはサポートだけです。
 

Re:ビジネス

 投稿者:吉田嬢二メール  投稿日:2004年 7月31日(土)14時53分36秒
  ビジネスか否か、という視点では語れないのが自主制作映画だであると考えます。

長編というべきスケールでありつつ、
自分と同世代の俳優だけでは撮れそうにないシナリオを書いた以上は、
ビジネス性を含んだ展開を考えるべきであることは当然なのかもしれませんが、
勝率の高い博打になるかどうかは、
キャストの顔ぶれによって見えてくるかどうか、という気もします。

上映先は既に決まっています、と書く事は簡単ですし、可能です。
しかし、完成する目処が立たない企画でそれをしてしまうのは
ただのハッタリになりかねません。
上映予定をスケジュールにあらかじめ組み込んでおくことで
明確な目標が出来るというのも頷けますが、
そうする事で製作者として無責任な事をしているようにも思えるのです。

演劇・舞台と、映画制作との違いともいえるかもしれません。
演劇の場合、上演する場所を押さえないと話になりませんが、
映画は、撮るべきものさえ撮っておけば、いつか上映・公開できます。

すなわち、営業や上映に関しては、撮った後あるいは撮りながら考えていく。
自主映画を制作するにあたって、そういう手法は決して「無茶」ではないと考えます。

もちろん役者さんによっては、
もっときっちりした体制の下で参加したいと思われるであろう事も理解できます。

自分は情熱だけで制作に踏み切れるほど押しの強い性格ではなく、
情熱を他人に押し付けて上手に利用する気もありません。
(近藤さんを非難しているわけではないですよ)

ちなみに、山本氏はこの作品とは無関係です。
ある意味で「頼りにしている」のは事実ですが…
 

自主映画とビジネス

 投稿者:近藤  投稿日:2004年 7月31日(土)00時45分42秒
  山本様、吉田様、そして通りすがりの方。返信をありがとうございます。

まず、僕の提案部分というのは、ビジネスとしての考え方も加わっています。
皆様もご存じの通り、自主映画というのはピンからキリまであり、作品として上映もままならず、お蔵入りになる作品もあれば、人気が出てロードショウ公開になりビデオ化DVD化になる作品もあります。
そういった意味では、博打ですね。
ただ、上映・劇場公開を目指すのであれば、そこにお金が絡むわけであるのだから、いかにリクープ(回収)してゆくかを考えて行くべきだと思います。
それは、極端に利益を目標とするのではなく(それをしてしまうと自主ではなく商業)
「いかに質の高い作品をより多くのお客さんへ見せる。そして伝えたいものを伝える」
これで一つの自主作品だと考えています。
そうすると、それはビジネスです。
少しでも勝率を上げるべきです。
通りがかりさんが、作品のことだけを考えるべきと書き込まれましたが、根本はそれです。
でも根本だけじゃダメだと思います。
役者の立場で言えば、ギャラも上映の事も考える必要性があるんです。
そうした細々したことを考えて作り出して行くことが「仲間」と言えるのではないでしょうか?
プロならば、ギャラも公開先もマネージャーが交渉するべきことで役者は考える必要はないでしょう。
でも、自主でマネージャーが参入して来る必要はないです。
少なくとも、今回は外部からキャスト・スタッフを募集している以上、「形」を提示する必要があることを言いたいのです。

なんだかごちゃごちゃ書いてしまいましたが、結論は、

上映先が決まっている→お客さんに見せる機会がある。
プロや経験者などの良質のスタッフが参加している。もしくは参加する予定→作品クオリティが上がる。(プロじゃなくても、録音・音響・照明・撮監・プロデューサー・etcなどスタッフが揃っている)
監督に実績がある→段取りが早い・コネクションがある・演出の的確性が高まる。

こういったことが提示されているのとないのでは、説得力が違うということですね。

僕が思う自主は、ただ作りたいものを作る。のではなく、
自分が作りたいものを作り、お客さんへ見せる(お金をもらって)。ここまでが自主だと思っています。

どうしても情熱だけでやりたいのであれば、仲間内でやってはいかがでしょうか?
となってしまいます。
考え方は人それぞれです。

恐れ入りますが、山本様は今回の作品には参加されるのでしょうか?
 

ありがとうございます

 投稿者:吉田嬢二メール  投稿日:2004年 7月30日(金)11時38分48秒
  本当にありがとうございます。

>近藤さん
前向きで、建設的なご意見を送っていただき、感謝しています。
自分がやろうとしている事の意味を、もっと深く理解できたような気がします。

せっかく作ったものを観てもらうためなら、
映画館にこだわらずに上映場所の選択肢を増やす。
それは映画を撮るものとして当然の姿勢であるようにも思えます。
色々な可能性を探っていこうと思います。

私が役者・俳優にとってのメリットというものをいまひとつ把握できていないために
いくぶん的外れなアピールをしてしまっているのかもしれません。
映画なんて博打でいいだろ! と、あぐらをかいているわけではありませんが、
映画を撮りたい、役者を撮りたい、その気持ちだけは忘れない‘馬鹿’でいたいのです。

もっと書くべき事がありそうなのですが、とりあえず。

8月が目の前ですね。
 

レンタル掲示板
/5