teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


確かに、すき焼きウェスタンでした。

 投稿者:ロディ  メール  投稿日:2007年10月17日(水)02時37分15秒
  噂に聞いていた日本が舞台の西部劇、『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』を観てきました。 台詞は全編英語で字幕上映。
なんだこりゃ、日本映画なのに、どういうこっちゃ?と言いたくなるのだが、全くの違和感がないのにまず驚かされました。

源氏と平家の子孫が金塊をめぐって争っているある村に流れ者のガンマンがやって来て、三つどもえ?の抗争になる。

でもこんな事は、どうでもよい事で、このエログロ、ナンセンス映画をいかに観るかだろうね。 有名映画のシーンをパロッている場面では、暗い席でニタニタしながら観ておりました。
マカロニウェスタンをチャンバラと〇〇〇〇でテーストしており、確かにこれはタイトル通りのスキヤキ・ウェスタンでしたね。 今回特別出演のクエンティン・タランティーノが〇〇〇〇に深くかかわっておりました。

この〇〇〇〇とは一体何か?  観てのお楽しみとしておきましょう。

それにしても、淡路でこのような映画が観れるようになったのは嬉しいことですね。

オリオンさん、ありがとう(^^)

それと桃井かおりが、かっこいい!!
 
 

ぜひ、見てください!!

 投稿者:ロディ  メール  投稿日:2006年11月 1日(水)23時21分14秒
  『ワールド・トレード・センター』

本日、見てきました。
5年前にアメリカで起きた同時多発テロ事件の、一部分を描いているのだが、人間の本質的な部分が揺さぶられる、良い映画でしたね。
最近の暗いニュース、イジメ、虐待事件など… 日本人全員がこの映画を見れば、よいのにと思いました。
 

しかし

 投稿者:bukubuku  投稿日:2006年 9月26日(火)08時32分23秒
  閑散としてますな~
淡路の映画人口は結構いると思うんやけど

次回9月上映は「ニューシネマパラダイス」なそうな
結構面白いと思うんやけど

しかし洲本でこんなんやってんの皆さん知らんのとちゃうやろか
 

パイレーツ・オブ…

 投稿者:ロディ  メール  投稿日:2006年 9月 2日(土)00時29分11秒
編集済
  『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』

昨日、1000円の日に見てきました。
 かなり昔、ジョン・ウェイン主演の『怒濤の果て』という、海洋映画にも、大ダコが登場し、ジョン・ウェインが海底で格闘しましたが、今回のは大ダコとは言わなくて海賊船を包み込んで潰す怪獣でしたね。 CGのリアル感に圧倒されました。 ジャック・スパロウ船長と敵対する幽霊船は潜ったりもしましたね。 石森章太郎の漫画、「幽霊船」もそうでした。 幽霊船の兵隊が首が取れて喋る一連のシーンは『スターウォーズ』のC3-POロボットでもお馴染みでした。

それにしても、この怪獣を、たこ焼きにすると何個できるんじゃろう?
 

お薦めです

 投稿者:ロディ  メール  投稿日:2006年 8月 3日(木)22時39分19秒
  『ミッション:インポッシブル3』、見てきました。今さら、言うのも何ですが、テレビ第二世代の私としては、「忍者」や「エイトマン」のようなトム・クルーズが面白可笑しく楽しめましたねぇー。
アクション映画ファン、トムのファンは是非、見てください!!
 

便利になります

 投稿者:ロディ  メール  投稿日:2006年 3月 2日(木)23時52分47秒
  >洲本オリオンさんの携帯電話版サイトが出来ました。

携帯電話ですと、上映時間等すぐ見れますね。
早速、Bookmark に登録しました。
有難うございました。
 

お知らせです。

 投稿者:あわじNET編集部メール  投稿日:2006年 3月 2日(木)02時47分29秒
  洲本オリオンさんの携帯電話版サイトが出来ました。
どうぞご覧くださいませ↓

http://www.awaji-net.com/orion/i/

 

次回は何ですか

 投稿者:陳仁格メール  投稿日:2005年12月25日(日)14時08分26秒
  次回のシネマはなんですか**

http://www.atc.ne.jp/seikindo/

 

「三十四丁目の奇跡」、比較

 投稿者:ロディ    投稿日:2005年12月17日(土)12時01分40秒
  「三十四丁目の奇跡」の1947年版と、1994年版の比較。
いやー、これは全く違ってましたね。 驚きました。 1994年版は、色が付いてましたよ。(^^)
 

「三十四丁目の奇跡」

 投稿者:ロディ    投稿日:2005年12月13日(火)21時06分52秒
  何と!? 半年ぶりの書き込みになりました。
さて、今月の懐かしの映画は、クリスマスシーズンにピッタシの「三十四丁目の奇跡」(1994年製作)ですが、この映画は1947年版「三十四丁目の奇蹟」のリメイクのようですね。 私はずっと以前に、オリジナル版はみていたのですが、今回あらためて見なおしたところ、中々のものでした。 どこがどう? というのは、後日にしておきますが、今回初見になる1994年版との比較が楽しみです。

追伸
映画好きの皆様。 この掲示板に、どんどん書き込んで、淡路島の映画熱を、10000度くらい、上げませんか。
 

不動さん、ありがとう!

 投稿者:湯数寄  投稿日:2005年 7月14日(木)20時35分20秒
  不動さん、有り難うございます。
ありました。『 どちらかの年齢が50歳以上の夫婦が揃って同じ映画をご覧になる場合(窓口での年齢証明が必要です)、曜日/時間帯を問わず料金がおひとり様1000円でご覧いただけます。【期間】実施中~2006年6月30日(金) 』――と。
すみませんでした。早とちりしてました。これで安心して観られます。

映画の後、感想交流会(意見交流会)の場を持つ、いいアイデアだと思います。でも、イザ実施するとなると、難しいですよね。どうしても、映画好きといいますか、たまにしか映画を観ない私のような者には、ちょいと、参加しにくいなーアって雰囲気がありますから。構えてしまう私が、イケないのでしょうが……。
何か装置がいりそうですね。気楽な雰囲気づくり、と言ってしまうのは、優しいですが、それを実行する段階になると、ちょっと、アイデアがいりそうですね。
 

夫婦50割引

 投稿者:不動  投稿日:2005年 7月13日(水)19時41分56秒
  夫婦50割引は延長されてます。元々淡路では実施されていませんが…
この割引制度には問題点があると思います。2~30代の子育てファミリー層にとっては無縁のサービス。家族で揃って映画ってのが金銭的に厳しいんです。これでは次世代の映画ファンが育ってこないんじゃないかと危惧します。

各種割引サービスで新作映画が1000円で見れるということは「なつかしのシネマ上映会」が1000円というのも高い気がします。しかも16ミリ上映だしね。これからは映画の後、意見交流の場を持つとか何か付加価値を持たせる時期が来ているのだと感じます。
 

夫婦50割引きが無い

 投稿者:湯数寄  投稿日:2005年 7月11日(月)21時56分4秒
  いやー、参りましたね。夫婦50割引きが廃止されてしまったんですね。
いつも、これを利用してたのに、残念無念で御座いますよ。
映画を観て、お茶することが楽しみだったんです。外へ出るという切っ掛けの装置でもあったんですから。
映画を見終わった後、お茶しながら、ああだ、こうだと、話しするのが楽しみだったんですけどね。いっそうのこと、毎日が、割引き日であると、嬉しいのに……
 

甘い人生

 投稿者:不動  投稿日:2005年 6月21日(火)20時17分23秒
  やっと『甘い人生』見ましたよ~~韓国映画って今一番パワーがありますよね。
最近は結構忙しくて『ターミナル』のDVDまだ借りてきてないです~~泣
来週は市議選も始まるし、そっちでも忙しい。『宇宙戦争』は抜けて見に行くつもりです。
市長選、知事選、市議選と今年はなんて忙しい年なんでしょ~~~
こんなに映画見てない年は初めてですよ~~~~泣
 

淡路初韓国映画

 投稿者:ミキ  投稿日:2005年 6月15日(水)16時33分5秒
  『甘い人生』見に行ってきましたよ。イ・ビョンホンは、カッコ良かったです。内容は見てない方もいらっしゃるので、あえて避けますね。私的に怖い場面もあったけけど戦いのシーンは、特に。でも見て良かったです。29日からは、は『宇宙戦争』だそうですね 楽しみです。マタ行こうとおもいます。  

いま、会いにゆきます

 投稿者:不動  投稿日:2005年 6月11日(土)06時39分20秒
  忙しくて映画も随分ご無沙汰でしたが『いま、会いにゆきます』のDVDを借りて見ました。子役が可愛いね~~愛する人を想う気持ちが奇蹟を生むというか~~最近はこの手のパターンが多いような気が…
淡路初の韓国映画『甘い人生』見に行かねばと思いながら来週には行けるかな?29日からはオリオンで『宇宙戦争』が全世界同時公開だし~~これは初日に行くぞ~~~
 

アイ,ロボット

 投稿者:ロディ  投稿日:2005年 6月 5日(日)21時48分23秒
  やっと見ました。 映画とはゆえ、2035年には、こんな世界になるんですね。 この映画の本筋とは外れますが、子供のころ読んでいた「鉄腕アトム」の漫画の世界が、実写に近い形で見れただけで大満足です。
街中では、人とロボットがすれ違ったり、犬の散歩を助けるロボットがいたり、ゴミの回収ロボットや、飛脚を思わせる緊急品配達ロボットなど、いいですね。 夢が膨らみます。
現実社会では、楽器を演奏するロボットとか、ワルツを踊るロボットなどが出てきましたが、やがて、自分で判断出来る多機能ロボットの時代になるのでしょうね。 ぜひ、このようなロボットの恩恵を受けてみたいですね。 しかし、それまで生きれるかが、問題だ。(~o~)
 

シャル・ウイ・ダンス?

 投稿者:ロディ  投稿日:2005年 6月 2日(木)12時29分28秒
  皆さん、アメリカ版「シャル・ウイ・ダンス?」を、見てきましたか? 私は、遅ればせながら昨日、見てきました。 基本ストーリーは、オリジナル作品を踏襲していますが、描き方は、やはり、アメリカ。ヤッテクレルわいというのを感じましたね。 日本文化では描けない事も、(慣習の違いからくる、照れとか、恥ずかしさとか)今回は、さらりと見せてくれましたね。 ダンスシーンも、ダイナミックで凄くきれい。 最後は、それぞれが、一歩ふみ出した日常で終わる。…  
私にとっては、かってのアメリカ映画にあった、ハートウォーミングを、思い出させる、心に残る一本になりました。   
 

「ザ・インタープリター」

 投稿者:kobu  投稿日:2005年 5月30日(月)23時36分36秒
  http://www.theinterpretermovie.com/

初めて本当の国連会場が使われた映画です。どれほどの意気込みで撮られた映画なのかワクワクで映画館へ行きました。
期待どうりの緊迫感で2時間伝わってきます。見応えある作品で満足しました。
大半の時間がニコール・キッドマンとショーン・ペンの会話するシーンで、この映画の核心が語られてます。
名優どうしの対話でリアル感を盛り上げてます。本当の国と国の関係はメディア報道の奥にあるのだなと判らせてくれる映画でした。
それよりなによりも、ニコール・キッドマンはきれいのがGOOD!!
 

ロボット法三原則

 投稿者:水上  投稿日:2005年 4月15日(金)11時48分24秒
  湯数寄さん、その通りです。
あの三原則の「ロボットは」の部分を「人間は」に置き換えて改めて見直せば、アシモフ氏が本当に訴えたかったことが見えてくると思います。真の意味で三原則を守られていないのは、ロボットではなく我々人類の方なのかもしれません。映画って本当に面白いですね。
 

レンタル掲示板
/5